学生向け賃貸ならではのお部屋の特徴とは

賃貸物件には学生の一人暮らし向けの部屋が多くあります。通常の物件ではない様な面白い間取りの部屋も多く、これからの新生活にさらにワクワクさせてくれますが、これらのお部屋にははっきりした特徴があるのでしっかり把握しておきましょう。学生向けの賃貸でよく見かけるのが、ロフトタイプとメゾネットタイプの物件です。両タイプとも上下フロアをつかって生活するお部屋ですが、はっきり階段が設置してあって部屋が分かれているのがメゾネットタイプです。ロフトの場合は部屋の天井に当たる部分に小部屋が設置されて簡易的な階段、またははしごで登る形となります。よく似た構造ですが、ロフトの場合は下の空間と別れてはいないので、あくまでも下の部屋の延長的な空間となります。寝室として利用する方も多いですが、本来は収納スペースとして使うのが正しいです。メゾネットタイプは完全に1階と2階で分かれるので、生活スペースと寝室をはっきり区別したい方にお勧めできます。ただし、学生向けのお部屋に階段があるという事は、それだけ部屋が狭くなるという事でもあります。通常のお部屋と同じ広さを求めた場合、家賃が高くなる点には注意が必要です。どちらも他の人とはちょっと違った生活ができるのが大きな魅力の一つ。ぜひお部屋探しの参考にしてみて下さい。

イラストレーター 専門学校 人気

美容院のナンバースリーを通販で

金買取福ちゃん

町田に来たらここのマッサージを調査

川越 整体 人気